市販品だけの白髪染め比較!

部分白髪染めウエラトーン ツープラスワン

部分染めが簡単に出来るクリームタイプの白髪染め,かなり早い段階で、私の場合には白髪が出てきてしまっていました。美容院では常に髪の傷みなどを考え、ヘアマニキュアの白髪も染まるタイプを使っていました。

 

とても艶が出て良かったのですが、明るく染まるライトブラウンを使うと、前髪の白髪の部分が後で明るくなってきてしまいますし、ダークブラウンを使うと、自分の髪色よりも暗いのでイメージが悪くなっていました。

 

美容院で白髪染め 部分染めをすると、時間もかかりますし、自分でやった方が費用がかからないのでそうするようになりました。液体タイプやジェルタイプなどいろいろなものを使ったのですが、中でもウエラトーン ツープラスワンのクリームタイプは、染め上りも綺麗で非常に使いやすかったです。

 

私は前髪あたりに白髪が多いので、本来は白髪染め 部分染めで良いのですが、白髪染め自体の色味などが、自分の髪色とは少しばかり違いますので多めの部分までなるべく染めるようにはしています。こちらは他の白髪染めよりも少しお値段は高いと思います。

 

カラーの種類は24種類あり箱の中には、A剤60g、B剤60gの他、輝きエッセンス7.3mlが含まれます。こちらの白髪染めにはアボガド、ホホバ、ヒマワリといった髪を保護してくれる保護成分が含まれます。私がよく使うのはキャラメルブラウン系の6CLです。ピュアブラウンの6Bを使う事もあります。

 

使い方はまずA剤とB剤をそれぞれ同じくらいの量付属のパレットに出し、エッセンスも含みよく混ぜます。髪が乾いていても問題はないようですが軽く霧吹きで髪を濡らしてから白髪染め 部分染めを始めるようにしています。

 

金属製のクリップは利用できないという事ですので、私はプラスティックの物を使っています。付属のくしもあるのですが、少々小さいので私は美容院で使われる染め用のコームをネットで購入してあります。

 

放置時間は20分から30分程度で、サランラップをすれば日常的な家事もできますし、ちょっとテレビやパソコンを見ているだけでも時間になります。しっかりと流し、シャンプーは2回してトリートメントもしっかりとなじませます。

 

匂いは一般的な白髪染めと同じ程度だと思いますが、私のような素人がやっても綺麗にむらなく染めることができるので気に入っています。さらに、含まれている保湿保護剤の効果か、かなり髪がしっとりしますし、白髪染めによるぱさつきなども全く感じません。

 

こちらの白髪染めの良いところは、私のような部分的な白髪でも気に入った色に染められると言うことです。以前は白髪部分と黒髪のギャップに悩まされていたのですが、今は自然に染め上がるので、こちらを常にリピートしています。