市販品のリピート率NO.1

明るくしたくない,白髪染め

明るくしたくない時に気をつけること、選び方,今は市販でもいろいろな種類の白髪染めが販売されていますよね。

 

メーカーも形状もカラーバリエーションもたくさんあります。
種類が豊富というのは嬉しいことですが、それだけたくさんの種類があるとどれが自分に合うのか、どの白髪染めを選べば良いのか分からなくなりますよね。

 

選択肢がたくさんある中から自分に合うものを選ぼうと思ったら、まず自分自身の髪のことを知ることが大切です。

 

同じ白髪染めを使っても、髪質や体温などによって染まり方はもちろん違ってきます。
白髪染め 明るくしたくないと思っていて暗めの色を選んだつもりでも髪全体が思っている以上に明るくなってしまったということもあると思います。

 

それとは逆に髪の毛が暗くなってしまったということもあるでしょう。

 

髪の毛の長さによって白髪染めの液の量を変えるのはもちろんですが、髪の量、柔らかさなどの質などによっても染まり方は変わってきます。

 

仕事の都合もあるし、白髪染め 明るくしたくないという場合、オシャレで少し明るく染めたい場合など、どのように染めたいかによっても合う白髪染めは変わってきます。

 

ただ、白髪染め 明るくしたくないと言ってもあまりに暗くしてしまうと重たい印象になってしまいますし、黄色系の色で染めてしまうと明るくなり過ぎてしまうので、無難な毛色にしたいのであればやはりブラウン系が1番良いと言えるでしょう。

 

あまり明るくしたくない場合でも、1度暗く染め過ぎてしまうと次に明るくしたいと思ったときとても時間がかかってしまいます。

 

ですから、自分好みの色にするためには思っている理想のカラーよりもワントーン明るい色の白髪染めを選んだ方が良いかもしれません。

 

少しずつカラーを抑えていくことで、市販であってもムラが出来ずに自然に染めることが出来ます。

 

先ほどもいったようにどうしても個人差があるので、何度か染めていく上でこれぐらいのカラーでこんな感じの色になる、これぐらいの時間をおけばこんな感じに染まるということを少しずつ知っていけば良いと思います。

 

今は市販の白髪染めでも髪にそれほど負担がないようには作られていますが、白髪染めをするとどうしても髪や地肌が痛んでしまうので、何度も染めていると髪の毛がパサついてきたりすることがあります。

 

そうするとせっかく白髪染めをしても若々しく見えなくなってしまうので、髪や地肌にやさしい成分が配合されているものや、染めたあとに使用出来るトリートメントがついているものがおすすめです。

 

でも最近のヘアカラートリートメントが明るくなく、きっちり白髪染まるので一番かも・・・